乱視の見え方でわかる

乱視の見え方で代表的なのがものがぶれて見える。二重にだぶって見える。があります。

私も以前は乱視だったのでわかります。今は乱視ではないです。

あるきっかで偶然治っていたのがラッキーだったのかもしれません。
今思えば、乱視になる原因だったのかな? と思うことがいくつかあります。

私の場合、普段パソコンに向かって仕事をするのがあたりまえで、夕方取引先の方が会社に戻られると打ち合わせにいくのですが、車を運転していると信号が三角に見えるようになり、乱視だと気がつきました。乱視の見え方にもいろいろあるようなので、f広告の仕事をしていたこともあってメガネの売り出し中に初めてメガネを作ることにしました。

結果、よく見えるようになりました。

ふつうなら、ここで「良かったです。」で、終わりなのですが、
本当にこれで良いのか不安になりました。

今までは普通に見えていたのに、これからはメガネがないと生活できないとなると面倒で、メガネも作り替えていったりしないと行けないし、以前はファッション感覚でメガネもいいなと思ていたけど、それとは別にメガネを必要とする生活になりたくなかったらです。

私は決心しました。メガネをかけない!

そして、もう一度、普通にくっきり見える目にしようと物理的な矯正も手術もしないで回復させることができました。

私は目に関しては素人なので、もっと詳しく乱視について知っている方がいます。その人なら、あなたの乱視独特の見え方にもきっと良い回復方法がえられるヒントが読み取れると思います。
こちらが→その方のサイトです。

簡単な話、自力で乱視を回復させるというものです。
私の乱視回復方法とはまた別で、根拠に基づいて説明されている点が説得力あります。とても簡単なことで目にウロコですよ!

乱視の見え方で悩んでいるのであれば、まずは読んでみてください。
きっと、乱視になったことがありがたく思えるないようです。
どうゆうことかというと、今後は乱視について自力回復できるのか、無理なのかがこれではっきり解るのですから!

自力回復が無理なのであればメガネから矯正するもよし、メガネやコンタクトレンズのわずらわしいのがいやだというなら、レーシック手術が必要になります。

先ず、あなたの乱視の見え方がどれに当てはまるのか確認しておくことです。

このページのトップへ