視力回復は安い費用でできる

やっぱりメガネ業界は乱視の敵だ!

今のあなたは乱視で、こんなことを考えていませんか?
「メガネをかけようか考える」
「コンタクトレンズを買おうか考える」
「レーシックで治そうか考える」

まず、ほとんどの方が上記のように考えるでしょう。

本当は、自分でも治せる乱視があるということを考えることができません。

なぜだか分かりますか?
それは、視力がメガネやコンタクト、レーシックといった業界のCM効果にまんまと洗脳されているからです。

電車の吊るし広告、雑誌広告、折り込みチラシ、ポケットティッシュ広告、インターネットの広告など・・・。
目にすることが多くないですか?

「視力が悪くなったら、直ぐメガネ、コンタクト、レーシック。」と思わせることに大金をつぎ込んでバンバン宣伝しているのです。

いわば、メガネ、コンタクト、レーシック業界は乱視で悩んでいる私たちの敵なのです。弱みにつけ込んで金儲けをしている。物理的にレンズを調整して視力を保持しているだけで、もとのように見えるように治しているわけでないのです。

鋭いあなたは、もうお気づきでしょう。自分で治すことのできる乱視はメガネ、コンタクト、レーシック業界ではタブーでそれに気づかせてはいけないのです。

なぜなら、かれらは視力が悪い私たちを「お金を産む金脈」としか考えていません。

一度、メガネをかければいずれ、またメガネを作り変えなければならないときがきます。一回メガネをつくれば一生使えるものではないからです。目は歳とともに衰えてきます。

コンタクトレンズにしてもそうです。買い続けなければなりません。
レーシックも高額です。

「視力を治すにはお金を掛けなければならない。」と思わせて
高額の商品を買ってもらうのです。
メガネ、コンタクトレンズ、レーシックは即効性があり非常に良い方法です。
ですが、ここで決めてしまうのは
非常にもったいない

「もったいないです!」

あなたの視力、まだ自力で回復させることができるかもしれないのです。

メガネ、コンタクトレンズ、レーシックは即効性がある反面、
高額です。

メガネであれば 5万円〜10万円(1本)
コンタクトレンズであれば一年で 6万円〜7万円(ワンデー)
レーシックであれば 15万円〜25万円(クリニックによって費用はさまざま)
それに比べ、「体の内側から改善させる方法」はわずかな金額です。

お金は無駄に使うものではありません。わたしが作ったメガネの5万円は使わなくても良かったお金でした。
その5万円があったら、

あたらしい洋服が買えたでしょう。

一人旅なら充分すぎる金額です。

おいしい食事もできたでしょう。

もったいなかったー。

乱視についてド素人のわたしが「体の内側から改善させる方法」を知らずに実行し、乱視を治したことは奇跡だったかもしれません。

あなたは奇跡ではなく「体の内側から改善させる方法」で乱視を自力で克服して治すことができるでしょう。


さあ、次はあなたの番です。


このページのトップへ